読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 新宿PePe店 シマブロ

島村楽器 新宿PePe店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

電子楽器体験セミナーレポート

レポート

電子楽器セミナーレポート

f:id:shima_c_shinjuku:20170203152658p:plain
こんにちは。デジタル楽器担当のユノムラです。
先日行われた「電子楽器を体験しよう!」セミナーのレポートをします!
1月7日、「電子楽器を体験しよう!」と題し、今話題の電子楽器Roland「AE-10」とAKAIEWIシリーズ」のハンズオンセミナーを実施いたしました。
10名を超える参加者で盛り上がり、中には北海道から駆けつけて来てくれた方も!
まず、セミナーの冒頭ではインストラクターの「よしめめ」さんによるデモ演奏で会場が沸きました。曲中でRoland「AE-10」、AKAI「EWI4000」、AKAI「EWI5000」と目まぐるしく持ち替えてのプレイはまさに圧巻でした!

まずは、歴史を解説

f:id:shima_c_shinjuku:20170203162921j:plain
EWIといえばブレスコントロール(息を使って音量を制御)する電子楽器の代名詞的存在ですが、その歴史は意外と古くもう数十年前から存在するんだそうです!
ただ、初期のモデルはコントローラー(手に持つ部分)と音源(音を発生させる巨大な装置)の2つをケーブルで繋いで演奏していたんだとか!?持ち運ぶのも一苦労だったようです。
その後MIDIという規格に対応しシンセサイザーキーボード)等にも接続が可能になり演奏の幅が広がったのですが、今のようにコントローラーに音源まで内蔵したのはEWI4000が初めてで
まだ数年前の話で、長い歴史から考えたら比較的最近の事のようです。今では、EWI5000、EWI4000、EWI USBと3つのラインナップになり、それぞれ特徴が異なるので使い方や音の好みなどに合わせて選ぶと良いそうです。実際、よしめめさん自身も複数台所有しているみたいです。

電子楽器の新星Roland AE-10

f:id:shima_c_shinjuku:20170203162939j:plain

ブレスコントロールの電子楽器と言えばEWI!!という世界に、新たな選択肢としてRoland AE-10が登場し、世界中で話題になっています。今もなお、予約入荷待ちの方が多数おり供給が間に合っていないくらいの人気商品で注目を集めていますが、よしめめさんによるEWIとの違いや、それぞれの特徴の細かい説明を参加者の皆さんは食い入るように聞いていました。AE-10の最大の特徴はサックスに準じたデザインになっているということです。キーの配置やデザインがサックス奏者に違和感なく使えるように設計されているそうなのですが、なんと!今回のセミナー参加者に演奏楽器を尋ねたところサックス奏者はゼロ(笑)やはり管楽器奏者が多かったですが、中には鍵盤楽器の方も!サックス奏者に限らず、色んな楽器奏者が注目の楽器なんだなと感じました。

ハンズオンセミナーが大盛り上がり!

f:id:shima_c_shinjuku:20170203170135j:plain
セミナーの後半では一人一台EWI4000を使ったハンズオンセミナーを行ったのですが、皆さん実機を前に盛り上がっていました。よしめめさんが語る、「演奏の前にまず一番最初に行うべき大事なこと」とは!、、、姿勢?持ち方?それとも?、、、正解は、「首にかけるストラップの長さの調整」でした(驚)EWIは(AE-10もサックスも)首にかけたストラップに本体を引っ掛けて演奏するのですが、その長さをちゃんと調節しないと持ち方が変になったり、要らない力を使ってしまい疲れやすくなってしまうんだそうです。
その他、息の入れ方(抜き方)のコツや、キー操作方法、コントローラーの操作法など様々な内容が盛りだくさんだったのですが、参加者の方が一番聞き入っていたのは意外にも「息の感度調節」(初期設定)の方法でした。EWIは息の強さで楽器の音量をコントロールするのですが、その感度設定をしっかりやらないと音の強弱がつきにくかったり、やたらと息を入れないとならなかったりと、非常に重要なのですが、これまた意外と長年使ってる方にもこの設定が上手くできておらず、演奏に過酷な設定のまま使い続けている方も珍しくないのだとか。

やっぱり電子楽器って楽しい♪

充実の内容のセミナーは楽しくあっという間に終了し、参加者の皆さんにも楽しんでいただけたのではないでしょうか?自分自身でセミナーに参加して改めて感じたのは「やっぱり電子楽器って楽しい」という事でした。生楽器しか知らない方にとっては本当に「謎の楽器」でしかない電子楽器ですが、少しの勇気を出して実際に触れてみるとなんと「奥深い楽器」であることでしょう!?生楽器では再現できない音色の多彩さや、演奏方法の幅広さなど電子楽器でしか実現できない表現の可能性を感じました!ちょっと見た目がメカニックなので倦厭されがちですが(笑)色んな方に触ってもらいたいと本気で思った一日でした。

ぜひ、お店でも体験してみて下さい!

島村楽器新宿店では、EWI5000、EWI4000、AE-10をそれぞれ店頭展示中です。この記事を読んで、「ちょっと気になるな」「触るだけでもしてみたいな」と思われた方は、ぜひお店までお越しください!3機種ともお試し頂けますし、私、ユノムラにお声掛けいただければご案内いたします。皆様のお越しをお待ちしています!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.