島村楽器 新宿PePe店 シマブロ

島村楽器 新宿PePe店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

音質向上委員会 【シールド編】

こんにちは!HOTLINE店長の吉田です!

今日は足回りといってもシールドのお話です。

エレキギター・ベースはコードを伝わってアンプに信号が行き、
その信号がアンプで増幅されて大きな音となって
会場に響き渡ることはご存知かと思います。

と言う事は、シールドですよね。
そこでオススメのシールドを独断と長年の楽器店員経験からセレクトしました!

まずは、ライブでの出音重視の方にはコレ!
HISTORYのProSeriesの「DRY」です!

このシリーズは「DRY」「WET」「REGULAR」の3種類出ており、
「DRY」はライブ向き、「WET」はレコーディング向き、「REGULAR」はライブ、レコーディング向きとなっています。

今回オススメの「DRY」はハイ抜けが抜群でキレのあるサウンドが魅力です。
私のようにカッティングで上手く見せたい?人には向いているのかと思い、愛用中です!

HPDR350

こちらは店頭でお試しいただけるので、必聴です!!

次に最近話題のオヤイデ電気の「G-SPOTケーブル」です。
オヤイデ電気と言えば楽器のみならずオーディオなどでも玄人に人気のメーカーです。
そして、この色は何??っというカラーのシールドも見た目にインパクト大!
私はケーブルは太いほど良い信者だったのですが、イヤイヤ。このすらっとした姿からでるピュアで太いサウンドは、、、すごい!!
いま流行の細マッチョってとこですかね^^;

GSPOT

あとは、ご存知「モンスターケーブル」です。
モンスターというくらいですからね。

かつては私もこれをつかっていました。

STUDIOPRO1000

これはケーブルを編み混んであるタイプでクセが付きにくいのも特徴です。

エアロスミスが好きで使っているという事で使ってたシールドです。

まだまだ色々なシールドがあり、試奏も出来ますので、まずは新宿PePe店へ!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.